アントステラ ドライシンク 飾り棚

ドライシンクは水道がなかったアメリカ開拓時代に流し台として使っていたデザインの家具です。上棚にはスプーンやレードルを立てる穴があります。扉内は固定棚が1枚
サイズ:幅99×奥行44×高さ133cm
アントステラ家具はメーカーより直接お届けします。
開梱置致し不要になった梱包材は持ち帰ります。送料は地域により異なります。サイズ区分はBです。送料表はこちら
※吊り上げ作業はこれまで同様オプション(別料金)になります。
『ペンシルバニア・ダッチカントリー アーミッシュの贈り物』ジョゼフ・リー・ダンクル 著(主婦の友社)より
ドライシンクは、まだ水道がなかった時代に使われた木製の流し台です。水がこぼれてもいいように、背の低いふち囲いがあり流し台の部分に動画貼られていました。ピッチャーに井戸水を汲み置いて、洗面器を使って食器を洗っていたようです。流し台の下の戸棚には、バケツや桶を置いて汚れた水を捨てていました。今、見かけられるドライシンクは、こうした実用性を失ったものなので、流し台の部分には銅は貼られていません。

アントステラの家具は、パイン無垢材を使用したアーリーアメリカンのカントリースタイルでトラディショナルな家具です。
今でもアメリカで愛され続けているシンプルなデザインは、飽きることなく使い込む毎に味わい深くなります。
販売価格 160,000円(税込176,000円)
型番 NN214

カテゴリーから探す

グループから探す

コンテンツ

モバイルショップ

ショップについて

ジュリアンの店長

生活が楽くなるアイテム アンティークやジャンク、カントリー雑貨、ガーデニング雑貨などのご紹介や園芸日誌など。
bloggerに移転しました。
旧ブログはこちら